とりどりとぴ

たくさんの美や健康に関する生活情報を送ります

こどもにスマホを使わせる前の必須設定 App内課金を防ぐには?

小さな男の子がゲームアプリに数十万円を課金した、という経験談がTwitterで回ってきました。幸いといいますか、返金対応されて事なきを得たようですが、子どものいる家庭では他人事ではありません。承認を求める画面が表示されるにしても、子どもにスマートフォンを貸し与えた責任は保護者にあり、返金されないケースもじゅうぶん考えられるからです。

そうなると、対策が必要です。アプリ内課金自体は悪いことではありませんが、つど保護者の同意がなければ課金できないように設定しておくほうが安心です。課金にかぎらず、手当り次第にアプリを新規インストールされるための備えも必要です。

Peggy und Marco Lachmann-AnkeによるPixabayからの画像

 

このアプリ内課金/新規インストールの制限は、iOS 11までは「設定」アプリの「一般」→「機能制限」にスイッチが用意されていましたが、iOS 12からは「設定」アプリの「スクリーンタイム」→「コンテンツとプライバシーの制限」→「iTunesおよびApp Storeでの購入」に変更されています。

「iTunesおよびApp Storeでの購入」画面では、「インストール」と「Appの削除」、「App内課金」の3項目について許可/不許可を選択できます。初期設定ではすべて許可が選択されているため、「インストール」と「App内課金」については不許可に変更しましょう。

変更が完了したら、2つ前の画面(スクリーンタイム)に戻り、「スクリーンタイム・パスコードを使用」をタップし、パスコードを登録しておきましょう。パスコードを設定しないままにしておくと、「iTunesおよびApp Storeでの購入」画面の設定を変更されかねませんよ。

出典:https://news.mynavi.jp/article/20200112-ipadiphonehacks/

前へ

40代以降がやると痛いカラーメイク 失敗しないポイントを掴む

次へ

機種変更で使わなくなったスマホの活用 子供に与える前に理解しておくべき注意点

  1. 知らなかったじゃ済まない

    これは親の責任ですよね。こどもは悪意なく知らずにどんどん課金していきます。

  2. ピンクグレープフルーツ

    自分のスマホをこどもに使わせっぱなしにしていてはダメですよー!こどもはいろんなところを触って遊ぶので。

  3. 明るいニュースが欲しい

    こどもに使わせる前に、親も勉強しておかないとダメですね。自分が子供の頃はスマホが無かった時代を生きてきたので。

コメントを残す

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén